49歳が顔のたるみと人生をなんとかしようとするブログ。

悩めるアラフィフ女が日々模索する雑記帳です。

アラフィフ独り身ゴル子の資産形成勉強中(2)~貯める・育てる~

こんにちは。ゴル子です♪

 

去年、子供たちにお金がかからなくなり、48歳にして資産形成についてやっと考え始めた独り身ゴル子。

 

「資産形成」といっても、急に独り身の老後が不安になり、お金の知識なんてまったく無い状態から、自分でネットで勉強し、見よう見真似で始めたものなので、「資産形成」なんて呼べないかもしれません(笑)

知識のある人には笑われちゃうかな。

 

だから私のやり方を参考にしてくださいとはもちろん言いません。

言えません(笑)

 

ただ「こんな感じでやってます」って紹介するだけですが、興味のあるかたには読んでもらえるとうれしいです。

 

 

f:id:golco:20190831153936p:plain

 

 

ただ貯めるだけ?いいえ、私でも育てられる!

今までの私は、お金を「貯める」ことしか知りませんでした。

近所の銀行に月々積立定期預金をし、ある程度まとまった金額になったら定期預金に預け替える。

そして使っちゃう(笑) 過去に2度現金で新車を購入しています。

何年もそんな感じでした。

 

「育てる(運用する)」なんて私には無縁のことだと思っていたので、考えたこともありませんでした。

 

でも去年の年末、車の購入代金を準備するため、近所の銀行窓口に定期預金を解約にいった時のこと。

一気に預金が減ってしまい、自分で決めたこと(現金一括で新車を買うこと)なのに急に焦りまして(笑)

こりゃまずい!また心機一転頑張らないとという事で、ついでに積立定期預金の月々の金額を変更することに。

 

その時に、銀行窓口のお姉さんから勧められたのが、iDeCo(個人型確定拠出年金)」でした。

 

 

「これなら私にもお金を育てられるかもしれない!」

 

 

独り身ゴル子、48歳と3か月。

そのときから私の資産形成試行錯誤が始まりました。

遅いスタートですが、やらないよりは全然マシですからね。

 

最近になって「老後2000万円不足 」問題が騒がれているので、遅いとはいえ老後のことを考え準備を始めていて本当によかったなぁと思っている今日この頃です。

 

「育てる」と「貯める」を同時進行で

やはりどんなものにもメリット・デメリットがあるので、1つの方法ではなく「育てる」と「貯める」をそれぞれ幾つか取り入れることにしました。

 

育てる 

育てる① iDeCo(個人型確定拠出年金

まず、銀行で勧められた「iDeCo(個人型確定拠出年金)」。

詳しい説明は出来ないので省きます(笑)

公式サイトを見てください。丸投げ

 

www.ideco-koushiki.jp

 

moneytimes.jp

 

銀行窓口で説明を受けたときは、その銀行で加入するつもりでいましたので、書類の取寄せまでお願いして帰ってきました。

 

そして家でiDeCoについてネットで調べました。

 

すると、iDeCoは金融機関選びも重要らしく、むやみに近所の銀行で加入してしまったりしないほうが良いらしく。

近所の銀行で加入したほうが、もしわからないことが出てきたときでもすぐに相談できるし、便利だとは思うのですが…。

 

毎月かかる「口座管理手数料」というものが、金融機関によって違うんです。

そこを確認して選ばないと、長い目でみたときにその手数料だけで数万円の差が出てきちゃうんですって。

 

www.tantonet.jp

 

その後、書類が届いたと近所の銀行から電話がきましたが、ごめんなさいやっぱりヤメます…とお断りしました。

 

そして、「楽天証券」と「マネックス証券」から資料をとりよせてみました。

比べた結果、その二社の内容がどうこうというよりも、結局馴染みのある「楽天証券」を選び口座開設をすることにしました。

 

申し込みからiDeCo開始までは結構時間がかかりました。

  

 11月末 ネットで申し込み

 12月初め 楽天からiDeCo申込書類届く

 12月半ば 書類作成(職場に書いてもらう書類もあり時間がかかる)

 12月末 iDeCo書類楽天へ送付

 1月初め iDeCo書類楽天へ到着

 2月末 加入手続き完了

 3月末 初拠出

  

ネットでの申し込みから、実際に拠出が開始されるまで、4ヶ月もかかりました。

年末年始を挟んでしまったことも時間がかかった要因かも。

 

そしてなんと、ビビりすぎて拠出額が最低額の「5000円」なので、まだまだ全然です(笑)

 

「60歳まで引き出せない」ということが、確実に老後資金を準備できるのは魅力的なのですが、ちょっと怖くて(笑)

 

でも、これでは節税効果が少ないので増額検討中ですが、金額を変更するのが簡単じゃない(平日に電話をしなきゃいけない)のでなんだかおっくう。

最初からもう少し高く設定するんだったと後悔しています。

 

でもマジメに近いうちに見直します!

 

育てる② つみたてNISA 

iDeCo(個人型確定拠出年金)は60歳以降にしか使えないお金。

対して、「つみたてNISA」は「60歳より前で且つ10年以上先に使う予定の資金準備」に合った方法だそうですが、いざとなったらいつでも引き出せるとか。

 

私の場合10年以上先なんていったら60歳を過ぎちゃいますが、万が一『いざ』が来たときのために、「つみたてNISA」も始める事にしました。

 

詳しくは公式サイト等を見てくださいね。丸投げ再び

 

www.fsa.go.jp

 

www.tantonet.jp

 

最初は少額で始めましたが、現在は上限まで目一杯積み立てています。

ですが、つみたてNISAよりもiDeCoの方に重きを置こうかと検討中。

ネット上で簡単に金額を変更できるので、その時の家計状況によってすぐ変更できます。

 

つみたてNISAももちろん口座がある楽天証券でおこなっています。

 

貯める

現金が必要な事態に備え、銀行に預金もしています。

 

貯める① 楽天銀行お引越し定期

楽天銀行は、普通預金でもマネーブリッジ(楽天証券口座と連携)すると、大手銀行の100倍の金利です。

さらに、「資金お引越し定期」という一ヶ月ものの定期預金あり、金利0.15%なんです。

ちょっと前まで0.21%だったんですけど、下がってしまいました。

 

 

www.rakuten-bank.co.jp

 

それを活用し、毎月定期預金を組んでいます。

毎月満期解約して、毎月の収入から生活費・iDeCoやつみたてNISAなどの金額を差し引いた余力をプラスして再び預ける…という感じ。(やり方は機会があったら書きますね)

数百円ですが、毎月しっかり金利がついていますよ。

 

実は当初、家の購入を考えていた時期があり、その頭金を貯めるために始めた預金なんです。

現在では、このまま賃貸のほうがいいのかなと思案中なので、とりま続けているという感じです。

必要がないと決まったら、取り崩してiDeCoやつみたてNISAのほうに回していこうと考えています。

 

それか、もう少し金利の高い定期預金があればそちらに預け替えたいと思います。

 

貯める② 近所の銀行の積立定期預金 

これは私が昔からやっている積立定期預金です。

やめてしまうと「何かあった時」に怖いなと思ってやめられず、とりま続けているんです。

現在は毎月10,000円を積み立てています。

これこそやめちゃってiDeCoとかに回した方がいいですよねきっと。

悩みどころです。

 

貯める③ ゆうちょ銀行普通預金

ゆうちょ銀行普通預金に、必ず50,000円をKEEPしています。

これも「何かあった時」用です(笑)

 

 

最後に

基本は、何が何でも老後のためにではなく、近い将来何かあるかも、と思って資産形成をしています。

実家も貧乏だし、障がいのある息子もいるし、「何かあった時」への備えも大事なんです。

結局、まだ自分のことだけを考えていられる状況じゃないってことなんですけどね。

でも自分の将来だって大切です。

贅沢はしなくてもいいので、お金で苦労しない人生を送るために、がんばります!